生地選びやアイディアでクラスtシャツのクオリティをアップしよう

ウーマン

テンションの大幅アップ

ミシン

ユニホームがあれば、士気が向上します。一体感を高めてテンションを上げて試合に挑みたいなら、チームで一丸となってユニホーム作りから試してみてはいかがでしょうか。オシャレなユニホームで試合を盛り上げましょう。

Read More

イメージ通りの服作り

パーカー

カラーバリエーションやパーカーデザインも豊富なショップを利用して、オリジナルパーカーを作ってみてはいかがでしょうか。プリント対応やデザイン相談などができるショップもあります。

Read More

安くtシャツを作るコツ

Tシャツ

オリジナルtシャツを激安価格で作るには、生地選びとプリント選びがもっとも重要です。生地タイプによってはよく扱うものを激安価格で提供しているショップもあるので、安いショップから探しましょう。

Read More

アイディアでコスト調整

女の人達

文化祭や体育祭、部活の運動着や球技大会など多くの場所で活躍するクラスtシャツ。価格も安価で、一枚500円台から作れるところもあります。しっかりした生地を選ぶ分でも枚数が多めであれば、安く仕上げられるものもあります。どこでも着れるようなデザインでクラスtシャツを作れば、長らく利用することもできるでしょう。クラスtシャツ作りでは、発注するロット数を、請け負っている専門ショップを利用するのがオススメです。材質や色の種類が豊富なクラスtシャツショップもあるので、クラスのイメージカラーなどで作るのも良いでしょう。また、プリントするタイプや、2色や1色など少なめの色でプリントをするものを選ぶとかなり安く仕上げることができます。予算から、ロゴ一つのシンプルなデザインになった場合は、アイディア次第で変化をつけるのも良いでしょう。例えば、アクリル塗料やペイント塗料を使って、ペインティングやカラフルな汚しを作ってもオシャレです。自分たちでペイントするのも、またよい思い出になることでしょう。アレンジを加えるのも、一つのアイディアです。きちんとこだわるなら、吸湿速乾タイプがオススメです。クラスtシャツを使うシーンは、大体において汗をかくようなシーンばかりです。運動や日射の下のイベントなど、汗を吸って張り付く素材は、不快感があるものです。吸湿速乾タイプであれば、さらりと着ることができるので、卒業後も寝巻きなどに使えるでしょう。